大英図書館のおしゃレトロなイラストを無料ダウンロードする方法

The British Library(大英図書館)様がFlickrにて著作権者不明イラストを大盤振る舞いしてくださっている事をご存知でしょうか?

The British Library 大英図書館 著作権者不明イラスト

画像をクリックするとライブラリーの1ページ目にリンクしますが、イラストはどれもおしゃレトロ&アンティーク♪
精密なものからシンプルな線のものまで、とてもバリエーション豊かで使い勝手が良さそうです。

せっかくのおしゃレトロイラストなのですが、サイト埋め込みやダウンロードのやり方が少々わかりづらい(× . × ;)

…ということで、記事にしてみました。

まずはシェア方法から…

 

※当記事はFlickrにログインせず操作する方法となります。

 

 

イラストのシェア方法

20140114-zd5_mini
右から Facebook、ツイッター、Tumblr(タンブラー)、メール、Pinterest((ピンタレスト)、サイト埋め込みのアイコンです。
クリックすると各サービスのウィンドウが開きますので、あとはコメントを入れて送信(ツイッターならツイートボタン)をクリックするだけです。
こちらはサイトでツイートする方法と同じなので比較的簡単ですし、慣れていらっしゃる方も多いと思います。

 

サイトへの埋め込み方法

1.The British Libraryでお気に入りの画像を見つけたら、その画像をクリックして画像の個別ページへ行きます。
大英図書館のおしゃレトロなイラストを無料ダウンロードする方法-アイキャッチ画像
             ↓
flicker大英図書館The British Library Title: "[A collection of ballads printed in London. Formed by T. Crampton.]"
※クリックでFlickr大英図書館↑イラスト個別ページへリンクします。
画像の拡大

 

2.個別ページ画面右端ボタン四角と矢印のシェアアイコンをクリックし、さらに右端の・・・アイコンをクリックします。
20140114-zd3_mini
サイトに表示させたい画像のサイズを選択し…

 

20140114-zd4_mini
コードをコピーして…
・WordPressの場合⇒テキストタブ
・無料ブログなどの場合HTML編集できる画面
で記事内の任意の箇所にペーストします。

 

◆サンプル

左⇒リンクURL
Image taken from page 475 of '[A collection of ballads printed in London. Formed by T. Crampton.]'

真ん中⇒インラインフレーム

※インラインで画面を表示できるコード。

 

右⇒BBコード
[url=http://flic.kr/p/hPAEeF][img]http://farm4.staticflickr.com/3721/11040346033_f1b5d889ff.jpg[/img][/url]
↑スミマセン、投稿フォームなどに投稿する用の軽量マークアップ言語ということらしいのですが…
現在調査中でございます;;

 

 

 

 

ダウンロード方法

Flickrを常日頃使い慣れていないくつきが一番わかりづらかったのがダウンロードボタンなのですが、こちらはツイート済み。

 

— 日々一素材@くつきちよこ (@hibii_ichi) 2014, 1月 13

ツイートの通りですが、個別ページ画面右端の・・・でDownload/AllSizesを選択するとするとダウンロード画面に飛びます。

 

ダウンロードページで
ダウンロードしたい画像のサイズを選択⇒Download The “選択した画像サイズ”of this photoをクリック
で、ダウンロードが開始されます。
Flickr大英図書館イラストダウンロードページへリンクします。
※クリックでFlickr大英図書館↑イラストダウンロードページへリンクします。
画像の拡大

 

 

 著作権

最後に著作権に関してなのですが…
このたび大英図書館が大盤振る舞いしてくださったイラストはGIGAZINEさんによると全てパブリックドメインといって

知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態  引用:Wikipediaパブリックドメイン頁

誰でも無料でダウンロードして利用することができるものだそうです。

20140114-zd8_mini
確かに本日サンプルに使用したイラストのタグにもPublic_domainがありました。

しかし、ライセンスの情報を見ますと
20140114-zd9_mini
 No known copyright restrictions
ともありますので正確には「著作権者不明」でもあるのでは?
(ちなみに下の This photo is SAFEは写真の利用に関してではなく写真の内容に関しての安全性を保証するコンテンツフィルタのようなものです。)

 

著作権者不明とは

それぞれの作品に於いて著作権が明確にクリアされたわけではないので、「写真の利用については許可も拒否も出来ないが、出版や配布などの再利用に関して肖像権は存在し得るものの著作権上の制限があるという事実は把握していない」

引用:PulpStudio WEBサイトの無料素材(イメージ・画像)を検索して収集するツール

というちょっと微妙な状態のもの…
ベルヌ条約によると作者の死後最低50年が著作権保護期間の基本期間です。
本日ご紹介したイラストはというと、1860年のものですでざっと154年経過しているので一見安全に思えます。
しかし著作権保護期間は国によって異なります。
極端に例えれば、このイラストの作者さんが実は死後100年著作権が保護されるメキシコの国籍で、20歳の時にこの絵を描き100歳まで長生きした場合…
2014年の時点で死後94年しか経過してない計算になりますので、著作権保護期間に該当する恐れあります。
となるとイラストを使用しての派手な商品展開をした場合、作者さんの親族がいきなり名乗りでる可能性が0.1%くらいはあるかもしれません。
(現実的にはほぼありえませんが、そういう可能性も無きにしもあらずではないかと…)
どうしても商品化したい場合は大英図書館に問い合わせて安全性を確認してからが無難だと思います。

個人的にはSNSでのシェアやサイトでの利用程度に留めておくのが安全っちゃ安全かなと思っております。

 

でっは~(*´∀`*)ノシ

 

ランキングに参加しております。
お時間がございましたらクリックしていただけるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 デザインブログ フリー素材へ
にほんブログ村

 

[amazonjs asin=”4798109428″ locale=”JP” title=”「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック”]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください